FC2ブログ
0490.jpg 0490.jpg
'NexonJapan'が運営するMMORPG『めいぷるすとーりー』のかえで住民の れつたんの平凡な日々を綴ります。 FONTにポップ体を使っているので表示されない場合があります。不具合などはコメントください。
blog5r.gif blog5a.gif blog5ab.gif blog5b.gif blog5v.gif blog5t.gif blog5c.gif
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
----------
s03_6.gif
スポンサー広告|Trackbacks(-)|Voice(-)
時間が満ちる程に僕らは汚れていく
人の言葉に流されて、誘惑の中で迷子になりそう
誰もいない真っ暗闇の中に、希望の光は今はない
僕の心がそうさせるのか、君の心を欺く為なのか
あの闇に差し伸べられた手は今もう見当たらない
いつかの日の僕を忘れようと
今の自分を作り上げて、完全を目指すうちに
もっと大事な事を忘れてきちゃったよ
手に入れようとすればするほど遠ざかる心
どんだけ地図見て探しても、そこには辿り着けない
いつでもどこでも振り出しさ
あの闇に差し伸べられた手は今もう見当たらない
どれだけ頑張っても、どんなに突っ走っても
外への出口はどこにもない
全てが始を迎えた発着点に足を運ぶ
やがて僕は立ち止まる、そして気づく
終わりがなければ、始まりがない事に
真っ暗い牢の中、僕らはそれぞれが閉じ込められ
鍵を何十にもかけられる
孤独になった今になって初めて人は気づくのだろうか
嘆き悲しみ叫ぶ事を



ひとつ季節が過ぎ、あなたはやってくる、深い暗い牢の鍵を持って
私を暗闇から救ってくれる、半永久の光の中へと導いて
これが真実だと信じていたい、もう僕には我慢が出来ない
もう他に何も望まない、僕はただ一つの人を求め続けるだけ
僕以外の気持ちなんてもう知ったこっちゃない
僕が想えるならそれでいいや
わがまま虫に寄生された強欲な心をむき出しにして突っ走れ。
→続きを読んでやる
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。